東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」

2019.12.03 Tuesday

0

    只今「コートールド美術館展 魅惑の印象派」が開催されている上野の東京都美術館

     

     

     

     

     

    イギリスのコートールド美術館は、20世紀初頭にレーヨン産業で成功したサミュエル・コートールドのコレクションが中核になっています

     

    同館の改修工事を機に約20年ぶりにフランス近代近代絵画の傑作が来日することになったそうです

     

     

     

    マネの最晩年の傑作として知られる「フォリー=ベルジェールのバー」

     

     

    画中のほとんどが鏡の中の世界であり、バーメイドの存在を強調するために意図的に鏡に映るふたりの人物が右端に移動させられています

     

     

    近年のX線調査によると、下絵では鏡像の矛盾は見当たらず段階的にずらしながら完成されたことが分かっています

     

     

     

     

    通常右下に描かれることが多いサインですが、マネはサインの位置も独特で画面左下のワインボトルのラベルに「manet 1882」と記されています

     

     

    「フォリー=ベルジェールのバー」をイメージして制作した作品

     

     

    使用したヴィンテージグラスカボションはチェコの職人がランプワークでフラワー模様を施した非常にレアなコレクターズアイテムになります

     

     

    今回は「コートールド美術館展 魅惑の印象派」期間中、常設ミュージアムショップにて8(eight)の一部商品をお取り扱い頂いております

     

     

    こちらはお嫁に行ってしまいましたが、お写真のカボションでアトリエにてオーダーを承ることは可能です

     

     

     

    「踊り子の画家」として知られるドガの「舞台の上の二人の踊り子」

     

     

    こちらは只今展示中の「舞台の上の二人の踊り子」をイメージして制作したチョーカー

     

     

    ヴィクトリアンの頃、ギロッシェという技法のエナメルの鏡、香水瓶の装飾にもこのようなカボションが使われていました

     

    チョーカー部分は伸縮性のあるベルベットを使用しています

     

     

    ドガの自画像

    ※今回の展示作品ではありません

     

     

    上流階級出身のドガはいつもシルクハットをかぶり、マネとはお互い尊敬し反発しあいながらも親しくしていたそうです

     

     

    個人的に最も印象的だった絵画

    ドガの未完成作「窓辺の女」

     

     

    未完とされる曖昧さがより逆光のぼんやりと浮かぶ様と退廃的な空気感を醸し出しているように感じました

     

    展覧会では未完の作コーナーがあるのも珍しい試みで面白かったです

     

     

     

    コートールドが収集したコレクションの中でも珠玉の絵画として知られるルノワールの「桟敷席」

     

     

     

    こちらはルノワールの「桟敷席」をイメージして制作いたしました

     

     

     

    立体的なローズ型に彫られたホワイトオニキス

     

     

     

    繊細なフランス製ミルクガラスのアンティークのカメオを使用したペンダントトップ

     

     

    こちらの作品も東京都美術館 常設ミュージアムにて只今展示中です

     

     

     

    最近の美術館展示には必ず撮影用スポットが用意されているのも面白い

     

     

     

    東京都美術館正面入り口のミュージアムショップ

     

    先ほどご紹介させて頂きました作品はこちらのショップにてご覧頂けます

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    イヤリングとリングがいくつか旅立っていったようなので、また近日中に数点お送りさせて頂く予定です

     

    お近くへお越しの際はお立ち寄り頂けましたら幸いです

     

     

     

     

     

    *******************************************************

    9月10日(木)〜12月15日(日) 9:30-17:30
    「コートールド美術館展 魅惑の印象派」

     

    月曜休館

    *特別展開催中の金曜日は20:00まで開館


    東京都美術館

    東京都台東区上野公園8-36

    03-3823-6921

    *******************************************************

     

     

     

     

    そして本日、12月3日(火)14:00からは8(eight)アトリエにてキワンダさんとのコラボレーションイベントが始まります

     


    昨年は日傘とタイツ&ソックスのイベントでご好評を頂きましたが、今年はタイツ&ソックスに加えてカシミヤのニットをご紹介いたします

     

     

    12/3(火)〜12/8(日) 14:00-19:00
    Kiwanda Room @8(eight)
    期間中はご予約なしでいらして頂けます

     

    12月7日(土)15:00〜KiwandaデザイナーChiekoさんがご来店されます

     

     

    今年の締めくくりとなるイベント、皆様お誘い合わせの上是非遊びにいらして下さいませ
     

     

     

     

     

    *******************************************************

    8(eight)
    東京都渋谷区鴬谷町8-10
    代官山トゥエルブII 2F
    open 12:00-19:00(不定休・予約制)
    03-6875-5344
    E-mail info@eight-tokyo.com
    *******************************************************